行政書士試験の概要

行政書士試験の概要

関連情報

これから行政書士を目指す方々に向けて行政書士試験の概要について紹介します。受験資格については年齢、学歴、国籍を問わず、誰でも受験できます。つまり、中卒の方でも受験ができるということです。試験日・試験時間は毎年11月の第2週の日曜日の12時30分までに集合し、それから受験上の注意や問題配布などがあり、実際の試験時間は13時から16時までとなります。試験の方法は筆記試験で行われます。試験科目は行政書士の業務に関し必要な法令等(46問、択一式及び記述式)および行政書士の業務に関連する一般知識等(14問、択一式)になります。記述式は40字程度で記述させる問題を出題するということです。つまり、3時間で両科目あわせて60問を解かないといけない試験ということがいえます。試験の申し込みは、毎年8月から9月上旬までで、郵送による申し込みとインターネットによる申し込み(顔写真の画像データと本人名義のクレジットカードが必要)の2パターンあります。申し込みを行ってから受験票の送付は毎年10月下旬になるようです。試験の結果に関しては、毎年1月末に合格者の受験番号を行政書士試験研究センター事務所の掲示板に掲示します。また、ホームページに合格者の受験番号を登載します。その後、受験者全員に郵送で合否通知書が送られます。行政書士試験の受験申し込みから受験、そして受験が終わってからの流れについて簡単に紹介してきました。詳しくは、財団法人行政書士試験研究センターのホームページを参照していただくといいです。

新着情報

おすすめサイト

Copyright (C) 行政書士試験の概要 All Rights Reserved.